ヘアマニキュアとヘアカラーの違い

白髪染めにはヘアカラーとヘアマニキュアがありますが、市販されている商品のほとんどは白髪染めのヘアカラーです。

ヘアカラーはその成分によって、髪の毛の色を一度脱色してから、新しい色を定着させる方法です。白髪染めヘアカラーの場合は通常の茶色にするなどのおしゃれ染めと違って、脱色する力も新しく染色する力も少し強い特徴があります。

一方ヘアマニキュアは、髪の毛の一本一本を色でコーティングしていきます。髪の色の膜を作ってその色に見せる、というイメージなので、髪の元の色を脱色するなどの行為は行いません。

以上のような染色方法の違いがあるので、日持ちが違ったり、色の見え方も変わってきます。白髪染めヘアカラーは髪の内部にも干渉するので、その分髪にダメージを与えます。当然頭皮にも成分が吸収されてしまうので、肌の弱い人やアレルギーのある人には向きません。

ヘアマニキュアはヘアカラーより色が早く落ちてしまったり、発色も劣るかもしれませんが、アレルギーの心配が少ないなど安全性が高い特徴があります。

育毛方法に違いがあるように、白髪染め方法にも違いがあることを理解しておく必要がありそうですね。